【疑問】就職活動のふりして失業保険もらう人も多いのでは?

失業保険を受給するためには毎月2回の求職活動実績が必要です。

でも、

みんな就職活動するふりしてるんじゃないの?

という疑問もいてくるものです。

私も毎月「どうやって求職活動実績をつくろうか。」と頭を悩ませていました。

じつは、応募や面接をしないで求職活動する方法があります。

就職活動のふりして実績をつくれるんですね。すごい!

この記事では、就職活動するふりして失業保険をもらってる人も多いのでは?という疑問について解説します。

たとえば、転職サイトでセミナーを受講する方法なら、1回の受講が求職活動実績1回分になります。応募や面接をしなくてもいいので気楽です。
求職活動実績とは?失業保険を正しく確実にもらうために

就職活動のふりは2つ

  • 就職活動したふり
  • 就職活動するふり

就職活動のふりには、上の2つがあります。

就職活動したふりはアウト。

でも、就職活動するふりはセーフです。

就職活動するふりのやり方を知っている人は、ふりであっても正しく求職活動実績をつくって失業保険をもらうことができるわけです。

求職活動実績を目的に応募するような行為が横行すると、まじめに採用活動を行っている企業に迷惑がかかってしまいます。

失業保険をもらうためとは言え、就職活動するふりでも正しく求職活動実績をつくる方法を知ってもらいたいと思ってこの記事を書いています。誤解が生じないように気を付けて記述しますので、真意をみ取ってもらえたら幸いです。

就職活動したふりはアウト

求職活動の実績がないにもかかわらず、その実績について事実と異なる申告をしたとき。

東京労働局『雇用保険受給資格者のしおり』

就職活動したふりして、求職活動の実績をいつわって申告するのはアウトです。

就職活動をしてないのに、就職活動したかのように申告して失業保険をもらうと罰せられます。

就職活動するふりはセーフ

失業給付を受けるためには「積極的に就職しようとする気持ち」があり…

東京労働局『雇用保険受給資格者のしおり』

就職活動するふりだったとしても、ちゃんと求職活動して正しく申告すればセーフです。不正にはなりません。

「積極的に就職しようとする気持ち」を証明するのが、失業認定で申告する求職活動2回だからです。

毎月、求職活動2回をおこなっているなら積極的に就職しようとしていると見てくれるわけです。

ふりせずに実績つくる方法

  • 「求職活動方法等を指導するセミナーは求職活動実績となる。」と雇用保険受給資格者のしおりに記載されている。
  • そのセミナーは転職サイトが実施している。
  • セミナーは選考や面接を必要としないので、就職活動のふりするまでもなく実績をつくれる。

    就職活動のふりをするまでもなく、求職活動実績をつくる方法があります。

    それは、転職サイトのセミナーを受講して求職活動する方法です。

    転職サイトのセミナーを受講すれば、1回の受講が求職活動実績1回分になります。

    セミナーはけっこう頻繁に実施されているので、毎月の求職活動実績をつくるときにかなり便利です。

    【参加証明書付き】オンラインセミナーも求職活動実績になる

    失業保険もらうための求職活動

    失業保険をもらうための求職活動は、じつはハローワーク自体が認めています。「ハローワークで求職活動して、失業保険をもらっていいんですよ。」と言ってくれているようなものです。

    上の画像は私の雇用保険受給資格者証です。

    【求職活動実績確認欄】に、相談 セミナー 紹介 職業相談 などの印字が見えると思います。(字が小さいのでスマホの方は拡大してご覧ください)

    ハローワークの求職活動には、次の3つがあります。

    • 職業相談(または仕事の紹介)
    • 職業訓練の相談
    • セミナ-

    これらの活動を1回すると、ハローワーク公認の求職活動1回になります。

    ハローワーク自体が認めている

    失業保険をもらうための求職活動について、ハローワーク自体がそれを認めているということでもあります。

    「自分のペースで就職活動したい。」という求職者の立場を、ハローワークも当然わかっています。

    それで、ハローワークの求職活動という実績になる方法をちゃんと用意してくれているわけです。

    これが、就職活動するふりでも正しく求職活動実績をつくる方法なのです。

    多くの人が誤解しているのは「応募して面接して実績をつくれば失業保険をもらえる。」というところです。でも、面接なんかしなくても失業保険はもらえます。

    失業認定申告書を見るとわかるのですが、3の項目で『求職活動』を記入できる書式になっています。

    つまり、ハローワーク自体が、ハローワークの求職活動を実績にしてよいと認めてくれているわけです。

    まとめ

    • 就職活動したふりはアウト。就職活動したように見せかけて失業保険をもらうと不正となり、罰せられる。
    • 就職活動するふりはセーフ。就職活動するふりでも失業保険をもらうことができる正しい求職活動の方法がある。
    • ハローワークの求職活動なら、就職活動するふりであっても実績になり、正しく失業保険をもらえる。
    • セミナーを受講して実績にする方法なら、面接をしなくても応募した時点で実績になり、失業保険をもらえる。